本文へスキップ

業者選びは慎重に。

電話でのお問い合わせはTEL.

オーディオ機器の中古市場の裏側

買取後のオーディオ機器ってどうなるの?

オーディ機器を業者に売却した場合、その後はどうなるのか気になる人も多いと思います。そこで私の旧友でもあり、プロのオーディオショップを営んでいるMu sysさんに業界裏を伺ってみました。一丸にはいえないそうですが、古くからオーディオショプを営んでいるところは買取品はすべてメンテナンスを行い、保障を設けた上で買取値の倍の値段で販売することが一般的だそうです。しっかりメンテナンスをしないと、販売した後のトラブルが後を絶たないそうで、直せないところはたいてい長続きしないとのこと。

次に最近多いそうなんですが、専門店いっているが、実際はただのリサイクル屋の買取ショップ。これらはオーディオ機器についてほとんど知識もなく、ヤフオクの相場で買取を行っている為、注意が必要とのこと。
買い叩いたオーディオ機器をヤフオクで平気で1円で出品するという業者が多いそうなので
そういうところに買取に出すのは辞めた方がいいそう。

というのも、そういうところは聞こえがいいことバッカリ言っているが結局はすべてはったりばかりだそうで、オーディオが大好きとうたっているくせに実際に買取にきた査定スタッフは、動作確認はおろか、電源の入れ方すらわからないアルバイトの素人だったということがほとんどだそう。しかもそういうところに限って電話での査定額は高くて「おっいいな!」と思って頼んでみたら実際にはめちゃくちゃな金額に下げられて、断るに断りづらい状況を作り、結局損を見てしまうパターンが多いんだとか。

結局のところ、どうなの?

もちろんすべての業者が悪徳というわけではありません。ただ、一部の悪徳業者がいるということなので、買取業者選びは慎重にしたほうがいいようですね。

ナビゲ